肩こりの元?気になるシコリの正体は!

筋肉のシコリ(筋硬結)と呼ばれるものです。

 

なんの気なしに肩をもんでいると、皮膚の下になんだかコリッとした感触が・・。このシコリ、一体なんだろう?肩こりの元?それともガン!?いえいえ安心ください。

肩こりのシコリはさまざまなものか゛ありますが、その多くは「筋肉のシコリ」と呼ばれる筋肉の塊(かたまり)だと考えられます。

筋肉シコリ(筋硬結)とは聞きなれないことばですが、いったいどのようなものなのでしょうかの?

気になる肩のシコリ、筋硬結の正体とは?

 

筋肉は筋繊維とよばれる細長い細胞が無数に寄り集まってできていることが良く知られていますね。激しく運動したり大きな負荷がかかたったりすると、この繊維の一本一本が傷つき修復されていきます。いわゆる「筋肉痛」はこの過程の中で現れると考えられています。また一度に多くの繊維が壊れてしまったら、【筋断裂】という大ケガになってしまいます。このように、私たちの筋肉の働きは一本一本の繊維に着目して考えると良くわかってきます。

さて、そこで今回の主役「筋肉のシコリ」ですが、実は「筋肉のシコリ」は構造上の詳しいことはよくわかっていません。しかし部分的に筋繊維が傷ついた後、その修復が不完全な状態で止まってしまったものだと考えるとわかりやすいのではないでしょうか?つまり「筋肉のシコリ」とは、筋肉繊維にそって生じる帯状のシコリまたは塊(かたまり)のシコリで、ガンや異物ではないのです。

筋肉のシコリの多くは、筋肉の疲労が回復すれば自然に消えていきます。しかし筋肉のシコリはときとして痛みを引き起こすことがあります。これは【筋筋膜痛症候群】と呼ばれるもので、画像検査や血液検査をしても異常が見つからないのに、指で押したときに痛み(圧痛)を感じたり、帯状にコリを感じたりする症状です。まさにこのシコリが肩こりの違和感・痛みの大元(おおもと)になっていることがあるのです。また、筋肉のシコリはそのまま放置すると、触らなくても痛むほどにまで症状が悪化することがあります。痛みを感じるようになると体を温めたりストレッチをしたりしてもなかなか筋肉のシコリを解消するのが難しくなっていきます。そのため、シコリに気が付いたときは早めに対処することが悪化させないための鉄則です。

筋肉のシコリのできやすいポイントは、

・首のつけ根と肩の先端の中間地点(肩井「けんせい」というツボのある場所)

・腕のつけ根と大胸筋の間にあるくぼみ

・肩甲骨の内側にあるくぼみ

・首のつけ根にある飛び出した骨の両脇

筋肉のシコリは、筋肉の中にビー玉ほどの大きさの丸い塊があり、押すとツボを指圧した時のような痛気持ちいい感覚があるのが特徴です。このようなシコリができている個所は、疲労が蓄積されて固まって筋肉内の血流が悪くなっているところです。筋肉のシコリをほぐして柔らかくしましょう。