坐骨神経痛に即効!骨盤カイロ

  

   使い捨てカイロはここに貼れ

 

脊柱管狭窄症の主な症状は、腰痛と足の痛み、シビレです。足の痛みは、いわゆる坐骨神経痛で、休みながらでないと歩けなくなるのが特徴です。とはいえ、それらの症状の原因は、すべて脊柱管の狭窄(きょうさく)による神経の圧迫にあるのでしょうか?そうではありません。「冷え」も大きな原因となっているのです。

 

骨盤の仙腸関節に使い捨てカイロを張ればよい


脊柱管狭窄症の主な症状は、腰痛と足の痛み、シビレです。足の痛みは、いわゆる坐骨神経痛で、休みながらでないと歩けなくなるのが特徴です。

 

とはいえ、それらの症状の原因は、すべて脊柱管の狭窄(きょうさく)による圧迫にあるのでしょうか?確かに、脊柱管の狭窄という器質的障害も、痛みやシビレを引き起こす原因の一つかもしれません。しかも、もしほんとうに脊柱管の狭窄だけが原因だとしたら、脊柱管を広げる手術で症状も消失するはずです。

ところが、当整体院には、「手術をしたのに、シビレは残った」と訴え、来院される、脊柱管狭窄症のお客様もおられます。「手術受けたくない」と来院されるお客様ばかりではないのです。

そこで、私が第2の原因として注目しているのが、体の冷えです。実際、あらゆる体の痛みには、多かれ少なかれ、冷えの影響が存在しています。脊柱管狭窄症のお客様も、脊柱管の狭窄という器質的素因に、冷えによる痛みやシビレが重なり、症状を悪化させているようです。そして、その冷えによる痛みとシビレを同時に改善できるのが、以下にご紹介する「骨盤カイロ」です。

冷えによる痛みやシビレは、体を温め、血流を活発にすることで改善します。

カイロで体を継続的に温めることは、その最も簡単な解消法です。その際、冷えの影響の強い人ほど、カイロの熱で温まる体を心地よいと感じるはずです。

一方、冷えがないところにカイロを貼れば、その過剰な熱を体は不快に感じます。骨盤カイロを試して症状が改善しない、あるいは熱くて耐えられないのなら、その人の痛みやシビレの原因は、脊柱管の狭窄を否定できないことになります。ただし、正しい診断を下すには、どこを温めるかも大切です。事実、腰痛を抱えるお客様で冷えを自覚し、カイロを利用されているにもかかわらず、満足のいく効果が得られない方が目立ちます。その多くは、実際に痛みを感じる場所、すなわちウエストから上にカイロを貼っているケースです。

実は、痛みを感じる場所と、痛みを引き起こしている場所は、必ずしも一致するわけではありません。痛みやシビレを引き起こしているのは腰ではなく、多くは腰の下の骨盤上にあります。骨盤を構成する腸骨と仙骨の連結部となる、仙腸関節がそのポイントです。

 

~2時間で効果を実感できる!


背骨と足の骨をつなぐ骨盤は、体の土台となる骨の集まりです。その骨盤が機能するうえで、重要な役割を果たしているのが仙腸関節です。というのも、仙腸関節は全身の関節の動きと関係し、その動きが悪いと、全身の関節の動きが悪くなります。こうして体のバランスがくずれ、血流が妨げられた結果として、冷えによる痛みやシビレが生じるのです。この仙腸関節の動きを、温熱刺激によって回復させていくのが、骨盤カイロの目的です。つまり、仙腸関節が尾てい骨の上の仙骨の両わきにあるため、骨盤カイロでは、カイロをウエストより上ではなく、ウエストからお尻にかけて貼る必要があるわけです。その際、脊柱管狭窄症などで坐骨神経痛が出ている人は、使い捨てカイロを2枚、縦に並べて貼るのがよいでしょう。というのも、坐骨神経の一部は仙骨から足へと下がっています。坐骨神経痛の症状を取るには、仙骨、仙腸関節とともに、その周辺を広範囲に温めたほうがより効果的と考えられるからです。

 

骨盤カイロは、非常に即効性に優れた改善法でもあります。その症状に冷えが関係していれば、カイロを貼った1~2時間後には痛みやシビレが楽になってきたのを実感できるはずです。

皆さんも、ぜひ骨盤カイロを試して、その効果を確認してください。