筋肉のコリとハリの違いってなに?

筋肉のコリやハリとは?

 

私たちのような整体院やマッサージをするところに行ったときによく耳にする肩がコッていて、筋肉がハッてますねーという言葉。

コリやハリってよく言ったり言われたりするけどこれってなに?と思ったことも多いはずです。筋肉のコリハリについてご紹介させていただきます。

 

1.コリとハリの違いってなに?

 

コリ

最も負担のかかるところに局所的に存在する筋肉が縮み、血流不足が起こるので酸欠状態になりズンズンとした痛みを感じます。ピンポイントにほぐしたり押すアプローチが有効とされています。

ハリ

コリの周辺に全体的に存在し、伸ばされるストレスを受け続けるので、可動域制限・だるさを感じます。局所的ではないので、ストレッチなどの運動が有効です。

 

 

2.なんで発生するの?

 

局所的に負担がかかる動作(姿勢・ものを運ぶ)によりストレスがかかり続けることで、筋肉が固まりコリが発生します。コリによって、周辺の筋肉が伸ばされてストレスを受けることでハリの発生を生みます。

 

 

3.コリをスッキリするには?

 

コリをよくすれば、一緒にハリもスッキリするので血流をよくすることが大事です。新しい血流が流れ込んでいくことで、固まっていた筋肉がほぐれることで筋肉の酸欠状態がなくなるとされ、お身体がスッキリとしてきます。

例えば運動やお風呂につかる、ストレッチをする、整体やマッサージなどを受けるといったことで血流が改善されると言われています。そこで、体全体をあっためていくために日頃からの筋肉をケアすることが大切となります。