肩こりは肩を揉んではほぐれません!改善できる3つのほぐし方!

あなたは、「肩がバリバリにこった!仕方がないから自分でもんでみようかな」と自分で、もむことがあるのではないでしょうか。その時、もしかしたらこんなことを考えていませんか?

「一番辛い場所が一番こっているだろう」

「一番辛い場所をもみほぐしたら早く楽になりそう」

「一番かたい場所をほぐすには強い握力などが必要不可欠」

はい、かくいう私もその通りだと思っていました。そのために施術の前にこっている場所をしっかりと聞き、その箇所ばかりほぐそうとしていました。

そこで、私は気が付きました。痛みやこりは、その箇所だけ見がちなのですが全体観察をするの大切さを学びました。

 

肩をほぐすのは間違いだった!

 

もむのは、いくら時間をかけて行っても意味がありません。なぜなら私も、

「1時間かけて施術したが少ししかほぐれない」

「逆にかたくなった気がする」

という経験をしてきたからです。その後自分の体も実験対象にし、どのようなほぐし方がよいのか研究しました。本当は、

・一番辛いと感じている場所はそんなにこっていない

・一番辛い場所をほぐしても多少ほぐれるがふにゃふにゃにはほぐれない

という事実があるのです。

 

こりを改善するほぐし方!

 

「ふーん、じゃあ結局どこをほぐせばいいの?」 と思ったあなたに、「ひとりでもできる肩こり改善するほぐし方」をお伝えします。

肩を30分ほぐすより、他の部位を10分ほぐした方が効率よく改善できますよ。

 

頭もこるんです!

 

頭にもコリができます。特に一度もほぐしていない方がほとんどで、こっていることに気付いていません。

ほぐし方はこちらです。耳の上の皮膚のたるみをつまみます。耳の後ろに移動していきます。つまむポイントをずらしながらつまめる箇所を増やしていきます。こりすぎている方だと頭が出っ張っており、お客様から、「これは骨ですよね?」と聞かれることが多いのですが、ほとんどがかたくなったコリの場合が多く、ほぐし続けると頭の形も変わります。

 

指の関節もこるんです!

 

指の関節にもコリがあります。なんと、こちらは四十肩や寝違いの原因にもなります。特にケアして頂きたいのは指の第一関節の手のひら側(しわがてきる場所)になります。少し指を曲げた状態で{しわを横から挟み込むような形にして}つまんでみてください。

 

胸の筋膜のほぐし方!

 

あとはむ胸の筋膜も気にしてほしいところです。脇の下から指3個分くらい脇腹寄りにずれたところをつまんでみてください。ふくらみの中に痛みを感じると思います。その箇所は胸の筋肉と背中の筋肉のコリが集合する箇所でつまむことで胸と背中を同時にほぐせます。皮膚が痛いと感じる部分が、コリです。筋肉がかたくなると、筋膜の動きが悪くなり、筋膜がかたくなると、皮膚の動きも悪くなります。何度もつまんでいると、ふとした瞬間に柔らかくなります。その瞬間は、肩こりも楽になっていると思います。

不思議だと感じるでしょうが、肩自体をほぐすよりも、頭や手や胸をほぐした方が早く肩がほぐれますよ。

是非試してみてください!