ヒザが痛い時、ヒザ痛はこうすれば治せるその秘密とは?

ヒザ痛は、痛み止め薬・シップや注射では痛みは解消できません。

ヒザの周辺の慢性筋肉疲労を取り除けば、即座に改善できます。

ヒザの痛みがあると体を動かさなくなり、ヒザの周辺の筋肉が衰え、ますます症状を悪化させるという悪循環になりやすく、歩けなくなるという不安におそわれ、病院に行きます。多くのお医者さんは即、ヒザ関節部分にのみ異常があると考え、骨の異常または周辺の筋肉に炎症があるはずだとみなして、痛み止め薬・シップや注射などを試みる、しかし、治らない。

ところが、このようなケースで長い間悩み苦しんでいる人が大変多く、うわさや紹介などで、当整体院に相談・来院されています。よくよく診ると、このようなケースの多くは、ヒザ関節を取り巻く大腿部や下腿部の筋肉群の過剰な異常収縮でヒザ関節が過度に締め付けられ、血行障害を起こしリンパ液の流れが悪くなっているから発症します。つまり、慢性筋肉疲労が原因であることが多いです。とくに足底部や足関節部の異状による影響で、下腿部の骨格筋の慢性筋肉疲労が原因となっているケースが非常に多いです。また上のほうに目を転じて、恥骨周辺や坐骨・腸骨の周辺の異常で大腿四頭筋や長内転筋の慢性筋肉疲労でヒザ痛などの異常をきたしている場合もあります。こうした筋肉系の異常(疲労)を解消すれば、たとえ関節部の骨などに異常があっても、筋膜整体によって自然治癒力を引き出せば、たいていは改善できます。とにかく、これらの異常をていねいに診て、施術すると、ウソのように即座に改善してしまいます。