5ヶ月(週1回)20回来院で、手術なしで『腰椎椎間板ヘルニア』が改善できた秘密とは?

 

 平成28年3月50代男性が椎間板ヘルニアで来院されました。来院当初は、手のシビレやヒの痛みを訴える方が強かったので、腰の異常はあまり言わなかったと思います。手のシビレやヒザの痛みが徐々に改善していくに従って、腰が痛い、脚がふらっく、足の甲あたりにシビレが出る、階段の昇り降りなどが苦痛と訴えるようになりました。そこで、病院でMRI検査を受けたところ、腰椎4・5番がつぶれていてヘルニアがある、手術をしないと治らないと医者から言われたということでした。今までと同じく「手術はしたくない」ということなので、しない方向でともに努力しましょうということになり施術を始めました。

一番の疑問は、椎間板ヘルニアですと言われて来院する人を見ると、前屈の苦痛を訴える人がほとんどです。ところがこの男性は、前屈は年齢以上の動きができます。そして、痛みはまったくありません。ところが後屈すると激痛が走って腰が痛いと訴えました。これはちょいとおかしいと疑問に思いつつ、背骨を中心とした筋膜はがし、脊柱起立筋上にある椎間板ヘルニア帯、臀部全体、大腿ハムストリング、ふくらはぎ、足ウラなど徹底した筋膜整体ローラー整体を施術しました。

5ヶ月(週1回)90分の施術で20回来院で、手術なしで『腰椎椎間板ヘルニア』が改善できました。今後は、週1回筋肉トーレニングを取り入れ筋肉強化をはかっていきます。現在も週一回来院されて施術を受けていただいております。